加齢にともなう頭皮のかゆみ対策

男性、女性に関わらず、加齢が原因で、頭皮が乾燥しやすくなることがあるようで、そういった場合には、頭皮が乾燥するだけでなく、それによって、かゆみやフケが出ることもあるので、そういった症状に悩んでいる人も多いことでしょう。加齢によって、皮膚のバリア機能というものにも、衰えが生じるともいえますが、それは、単に歳をとったという理由だけではなく、長年の習慣や使い続けてきたシャンプー、整髪料などの影響による可能性も高いといえるので、単に加齢のせいと考えるだけでなく、これまでの長い間に、髪や頭皮にとって、良くない影響を与えるような製品を使ってきてはいないか、また、シャンプーの仕方や、お湯の温度などの他にも、タオルドライの仕方やドライヤーの使いかたに至るまで、適切なやり方をしていたか、という点について、しっかり確認をすることも大切といえるでしょう。

頭皮が乾燥しやすくなる状態を避けるためには、頭皮の保湿を十分に行うということが重要になってきますし、頭皮は顔の皮膚の延長であるということを、常に意識しておくことが大切です。特に、女性の場合では、お顔のお手入れは、毎日、しっかり洗顔やクレンジングを行い、化粧水や乳液、美容液や美容クリームなどを使用してお手入れを続けているものですし、日中でも、紫外線対策を忘れずに行って、美肌を保っている人も多いことでしょうが、お顔のお手入れは念入りにしていても、頭皮となると、普段は髪の毛で隠れていることも多い場所なので、どうしても、お手入れをしにくいところであるともいえるでしょう。しかし、頭皮も、顔と同じように、乾燥もすれば、いろいろなトラブルも起こすものです。本来は、髪の毛によって、紫外線や乾燥などの外的刺激から守られているともいえるのですが、シャンプーやトリートメントに含まれている成分が、肌に良くない影響を与えていたり、また、十分にシャンプーやトリートメント、整髪料などが洗い流されないままに、どんどん使い続けるうちに、地肌は炎症などのトラブルを起こすことにもなりかねないのです。また、高温のドライヤーを使うことで、地肌が乾燥してしまうという可能性も考えられますので、ドライヤーを使うときには、地肌の同じ部分に長い時間、ドライヤーの熱風を当て続けないように気を付けることが大切ですし、なるべく、ドライヤーを使う時間を短く済ませるためにも、しっかりとタオルドライしておくことも重要といえます。また、ヘアトリートメントをつけることは、髪の毛の乾燥を防ぐためには、有効なものなのですが、地肌についてしまうと、毛穴をふさいでしまったり、トラブルの原因となるような成分が含まれているものもあるので、クリームタイプは避けましょう。また、過剰な油分が頭皮の健康な状態を妨げる可能性も高いので、頭皮の乾燥を防ぐためには、専用ローションを使いましょう。オリーブオイルや椿油などは、髪の毛のためには、良いものですが、頭皮に付けすぎると、油であるために、毛穴に詰まってしまうという可能性もありますし、頭皮の保湿のために必要なことは、まずは、水分を蓄えるということなので、単純に油を頭皮に塗ったからといって、保湿につながるわけではないので、注意が必要といえるでしょう。

頭皮の健康を保つためには、シャンプーの選び方や、ドライヤーの使い方など、必要なことはたくさんありますが、その他にも、ウォーキングなどの運動をするなどして、頭皮だけでなく、体全体の血行を良くする心がけをすることも大切です。頭皮は、体の一部であって、体の中心からは、一番離れたところにあるので、血行促進することは頭皮の健康にもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です