頭皮のかゆみとらぶるの対策法

“頭皮がかゆくて仕方がないと、悩んでいる方も多いですが、頭皮がかゆいと、仕事や家事にも集中できないなど、日常に問題を引き起こしますので、かゆみを抑える対策法について説明します。

まず、頭皮のかゆみの原因として挙げられるのが、頭皮から分泌される皮脂と、地肌に日常的に住み着いているマラセチア菌とよばれるもので、どちらも正常な地肌にも存在するものなのですが、地肌のバランスが崩れてしまって異常に発生してしまうと、かゆみなどの地肌トラブルを引き起こすので、無用な地肌トラブルを避けるためにも、一番に気を配りたいのが、地肌を正常な状態に保つという点です。

地肌のバランスを保つためにも実践したい基本的なケアとして、1日1回シャンプーをするという習慣ですが、頭皮がかゆいからと言って必要以上にこすったり、何度もシャンプーをしないということが大切です。頭皮をかいてしまうと、地肌が傷ついてしまって、余計かゆくなってしまいますので、どうしてもかゆみが我慢できない時には、爪をたてずに指の腹や手のひらを使って軽く擦るだけにとどめましょう。また、シャンプーを何回も行うと、本来頭皮に必要な油分まで洗い流してしまって、皮膚が乾燥してしまってかゆくなるので、あくまでもシャンプーの目的は、余分な皮脂、汗を取り除くためということを頭にとどめ、かゆみがひどい場合は、頭皮のかゆみに特化したシャンプーも発売されていますので、シャンプーから見直すことも有効ですし、シャンプー後にトリートメントを使う人も多いと思いますが、シャンプー、トリートメントともにしっかりと洗い流すようにします。髪には必要な成分でも、地肌にとっては余計な油分ですので、入念にすすぐと同時に、湿った頭皮は雑菌が繁殖しやすいので、すすいだ後は、ただちに髪を乾かし、濡れたまま寝ることのないようにします。

1日1回のシャンプーと合わせて気を付けたいのが、整髪料をつけたまま寝ないということで、整髪料をつけたままで眠ってしまうと、頭皮に炎症が起こってかぶれやかゆみの原因となることがわかっていますので、日中に整髪剤を利用する場合でも、なるべく地肌に直接付かないように気を付けましょう。シャンプーと同様、頭皮には余計な成分はできるだけ付けないようにしたほうが良いですし、地肌はひとそれぞれの特徴を持っていますので、化粧品が人によって合う、合わないがあるように、頭皮のケアにも合う、合わないがあるので、利用していて違和感を感じたり、少しでもかゆみを感じた場合は、直ちに使用を中止したほうが良いでしょう。

上級者の心得として、頭皮マッサージもぜひ取り入れたいものです。最近はヘッドスパのサロンもありますが、自宅で自分で行うこともできますし、頭皮をマッサージすることで、滞りがちな頭皮の血行を促進し、頭皮のかゆみだけでなく、薄毛対策にもなると言われていますし、シャンプーの成分を毛根まで行き届かせることもできますので、地肌ケア用シャンプーを利用する場合は特に、ヘッドスパも行うと良いです。ヘッドスパは頭皮の状態を正常に保つだけでなく、血行促進によって肩こり解消やストレス解消にもなるので、ぜひ試してみたいですね。

食生活を見直すことも大切で、脂っぽいものは頭皮に必要以上の油分を与えることになりますし、辛い物を食べると頭がかゆくなるというのは、人間の当然の反応であることがわかっているので、頭皮にかゆみのあるときには、脂っぽいものや辛い物はなるべくさけるようにしましょう。

セルフケアで頭皮のかゆみは劇的に改善できますので、地肌トラブルで悩んでいる方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です