頭皮のかゆみは炎症を起こす前兆です

日本人男性の多くが頭皮や髪などに何かしらのトラブルを抱えていたり、悩んでいることも多いと言われており、また最近は、女性の中にも髪や頭皮についてお困りの事があるという人も増えているのです。それはどうしてかというと、その多くはシャンプーの仕方や頻度などに問題があると言われていますが。昔は朝シャンなどという言葉も流行し、多くの若者などは通勤する前に、朝起きてから髪を洗うという習慣があった人も多いのではないでしょうか。確かに夜の間に汗をかいたり、前日疲れていて頭を洗えなかったというような人には良いものかもしれませんが、シャンプーのし過ぎには注意が必要であり、必要以上に頭皮の脂分を取ってしまうことは、髪にもよく無いという考え方もあるために、抜け毛の原因などにも繋がってしまう可能性があるのです。そのためにも、正しい髪の洗い方を身につけるということは、健康的な髪や頭皮を守るためにも必要不可欠な事と言えるのですが、まず髪を洗う時には、髪を充分にぬるま湯で濡らしてあげることが最初のステップになります。その時に、指の腹でマッサージをするような感じで、頭皮をこする感じで洗ってあげることで、ホコリや脂なども半分以上は落とすことが出来るので、その後の泡立ちも良くなりますし、最近では、お湯だけで髪を洗うという「湯シャン」という方法を薦めている有名人などもいるほどで、特に男性で薄毛に悩んでいるような方には効果的だとも言われているほどです。さて、お湯でだいたいの汚れが落ちたら、シャンプーを一度手のひらにとって、両手でなじませてから頭に付けてあげて、少しお湯を頭に掛けながら泡がよく立つように心掛けていき、フワフワの泡が立ったら、それを頭皮全体に均一に馴染ませて頭を洗っていき、耳の後ろや額の上の生え際などといった、泡が残りやすい部分は特に注意をして洗い流しましょう。かゆみは炎症を起こす前兆と言われていますが、例えばヘアケア剤やワックスなどを十分に洗いながしてないという時にも、頭皮に炎症が起きてしまうことになるものであるので、ヘアケア用品などを髪に付ける時に必要以上に沢山付け過ぎてしまうような事を注意してあげることも大切ですし、髪の健康という点から考えても、ハードスプレーやジェルなどを過度に毎日のように髪に付けていたり、あまりにも頻繁にヘアカラーなどを使って髪を染めたり脱色をするということは、髪や頭皮にも多大な負担をかけていることになるために、長い目で見た場合にはハゲの原因となってしまうとも言われているほど、良く無いことなのです。髪という漢字を見るとわかるように「髪は長い友達」という言葉もありますが、ヘアスタイルは私たちにとってのアイデンティティであり、自分自身を表現するためのアイテムとも言える存在とさえ言うヘアメイクアーティストなどもいるほどです。だからこそ、年齢を重ねてからも、自信を持って自分のヘアスタイルを楽しめるというような事が出来れば、ファッションと合わせてコーディネートをすることも出来たりと、毎日の生活にもハリが出て充実した老後を送ることにも繋がるのです。また髪を若い時にしっかりとケアしなかったり、粗末に扱ったり不規則な生活を送ってばかりいる場合には、まだそれほど年を取る前に抜け毛などに悩みだして、早い段階でハゲてしまったりすることも珍しいことではなく、自分にも起きてしまうことにもなりかねません。そのような事になって、高価なカツラなどを購入しなければならなくなるようになると、何かと気になって楽しい毎日を送れないというような事につながってしまいますので、若い時からの注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です