加齢にともなう頭皮のかゆみ対策

男性、女性に関わらず、加齢が原因で、頭皮が乾燥しやすくなることがあるようで、そういった場合には、頭皮が乾燥するだけでなく、それによって、かゆみやフケが出ることもあるので、そういった症状に悩んでいる人も多いことでしょう。加齢によって、皮膚のバリア機能というものにも、衰えが生じるともいえますが、それは、単に歳をとったという理由だけではなく、長年の習慣や使い続けてきたシャンプー、整髪料などの影響による可能性も高いといえるので、単に加齢のせいと考えるだけでなく、これまでの長い間に、髪や頭皮にとって、良くない影響を与えるような製品を使ってきてはいないか、また、シャンプーの仕方や、お湯の温度などの他にも、タオルドライの仕方やドライヤーの使いかたに至るまで、適切なやり方をしていたか、という点について、しっかり確認をすることも大切といえるでしょう。

頭皮が乾燥しやすくなる状態を避けるためには、頭皮の保湿を十分に行うということが重要になってきますし、頭皮は顔の皮膚の延長であるということを、常に意識しておくことが大切です。特に、女性の場合では、お顔のお手入れは、毎日、しっかり洗顔やクレンジングを行い、化粧水や乳液、美容液や美容クリームなどを使用してお手入れを続けているものですし、日中でも、紫外線対策を忘れずに行って、美肌を保っている人も多いことでしょうが、お顔のお手入れは念入りにしていても、頭皮となると、普段は髪の毛で隠れていることも多い場所なので、どうしても、お手入れをしにくいところであるともいえるでしょう。しかし、頭皮も、顔と同じように、乾燥もすれば、いろいろなトラブルも起こすものです。本来は、髪の毛によって、紫外線や乾燥などの外的刺激から守られているともいえるのですが、シャンプーやトリートメントに含まれている成分が、肌に良くない影響を与えていたり、また、十分にシャンプーやトリートメント、整髪料などが洗い流されないままに、どんどん使い続けるうちに、地肌は炎症などのトラブルを起こすことにもなりかねないのです。また、高温のドライヤーを使うことで、地肌が乾燥してしまうという可能性も考えられますので、ドライヤーを使うときには、地肌の同じ部分に長い時間、ドライヤーの熱風を当て続けないように気を付けることが大切ですし、なるべく、ドライヤーを使う時間を短く済ませるためにも、しっかりとタオルドライしておくことも重要といえます。また、ヘアトリートメントをつけることは、髪の毛の乾燥を防ぐためには、有効なものなのですが、地肌についてしまうと、毛穴をふさいでしまったり、トラブルの原因となるような成分が含まれているものもあるので、クリームタイプは避けましょう。また、過剰な油分が頭皮の健康な状態を妨げる可能性も高いので、頭皮の乾燥を防ぐためには、専用ローションを使いましょう。オリーブオイルや椿油などは、髪の毛のためには、良いものですが、頭皮に付けすぎると、油であるために、毛穴に詰まってしまうという可能性もありますし、頭皮の保湿のために必要なことは、まずは、水分を蓄えるということなので、単純に油を頭皮に塗ったからといって、保湿につながるわけではないので、注意が必要といえるでしょう。

頭皮の健康を保つためには、シャンプーの選び方や、ドライヤーの使い方など、必要なことはたくさんありますが、その他にも、ウォーキングなどの運動をするなどして、頭皮だけでなく、体全体の血行を良くする心がけをすることも大切です。頭皮は、体の一部であって、体の中心からは、一番離れたところにあるので、血行促進することは頭皮の健康にもつながります。

頭皮のかゆみとらぶるの対策法

“頭皮がかゆくて仕方がないと、悩んでいる方も多いですが、頭皮がかゆいと、仕事や家事にも集中できないなど、日常に問題を引き起こしますので、かゆみを抑える対策法について説明します。

まず、頭皮のかゆみの原因として挙げられるのが、頭皮から分泌される皮脂と、地肌に日常的に住み着いているマラセチア菌とよばれるもので、どちらも正常な地肌にも存在するものなのですが、地肌のバランスが崩れてしまって異常に発生してしまうと、かゆみなどの地肌トラブルを引き起こすので、無用な地肌トラブルを避けるためにも、一番に気を配りたいのが、地肌を正常な状態に保つという点です。

地肌のバランスを保つためにも実践したい基本的なケアとして、1日1回シャンプーをするという習慣ですが、頭皮がかゆいからと言って必要以上にこすったり、何度もシャンプーをしないということが大切です。頭皮をかいてしまうと、地肌が傷ついてしまって、余計かゆくなってしまいますので、どうしてもかゆみが我慢できない時には、爪をたてずに指の腹や手のひらを使って軽く擦るだけにとどめましょう。また、シャンプーを何回も行うと、本来頭皮に必要な油分まで洗い流してしまって、皮膚が乾燥してしまってかゆくなるので、あくまでもシャンプーの目的は、余分な皮脂、汗を取り除くためということを頭にとどめ、かゆみがひどい場合は、頭皮のかゆみに特化したシャンプーも発売されていますので、シャンプーから見直すことも有効ですし、シャンプー後にトリートメントを使う人も多いと思いますが、シャンプー、トリートメントともにしっかりと洗い流すようにします。髪には必要な成分でも、地肌にとっては余計な油分ですので、入念にすすぐと同時に、湿った頭皮は雑菌が繁殖しやすいので、すすいだ後は、ただちに髪を乾かし、濡れたまま寝ることのないようにします。

1日1回のシャンプーと合わせて気を付けたいのが、整髪料をつけたまま寝ないということで、整髪料をつけたままで眠ってしまうと、頭皮に炎症が起こってかぶれやかゆみの原因となることがわかっていますので、日中に整髪剤を利用する場合でも、なるべく地肌に直接付かないように気を付けましょう。シャンプーと同様、頭皮には余計な成分はできるだけ付けないようにしたほうが良いですし、地肌はひとそれぞれの特徴を持っていますので、化粧品が人によって合う、合わないがあるように、頭皮のケアにも合う、合わないがあるので、利用していて違和感を感じたり、少しでもかゆみを感じた場合は、直ちに使用を中止したほうが良いでしょう。

上級者の心得として、頭皮マッサージもぜひ取り入れたいものです。最近はヘッドスパのサロンもありますが、自宅で自分で行うこともできますし、頭皮をマッサージすることで、滞りがちな頭皮の血行を促進し、頭皮のかゆみだけでなく、薄毛対策にもなると言われていますし、シャンプーの成分を毛根まで行き届かせることもできますので、地肌ケア用シャンプーを利用する場合は特に、ヘッドスパも行うと良いです。ヘッドスパは頭皮の状態を正常に保つだけでなく、血行促進によって肩こり解消やストレス解消にもなるので、ぜひ試してみたいですね。

食生活を見直すことも大切で、脂っぽいものは頭皮に必要以上の油分を与えることになりますし、辛い物を食べると頭がかゆくなるというのは、人間の当然の反応であることがわかっているので、頭皮にかゆみのあるときには、脂っぽいものや辛い物はなるべくさけるようにしましょう。

セルフケアで頭皮のかゆみは劇的に改善できますので、地肌トラブルで悩んでいる方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。”

頭皮のかゆみなどのトラブルはかびの可能性も

頭皮のトラブルには様々な原因が考えられ、カビが繁殖している可能性もありますので、フケが多い方やかゆみにお悩みの方は、カビが繁殖している可能性なども考慮に入れた対策についてもチェックしておきましょう。
正しい方法による効果的な対策にしないと思うような結果は得られませんし、間違った方法でケアをしてしまうと、かえって自分でトラブルを招いてしまう可能性があるので注意が必要です。

フケの原因は皮脂を食べて生きるカビの一種である癜風金の可能性もあります。
癜風菌(でんぷうきん)は、皮脂を栄養源とするカビの一種であり、常在菌のひとつですからある程度存在していても問題となるカビではありませんが、皮脂が多いと異常に発生してしまい、フケが多量に発生するというトラブルに繋がる可能性もあります。
顔にも好んで住み着くカビですが、皮脂が多いと異常に繁殖してしまい、薄毛トラブルの原因につながる可能性もありますので、あまり油断し過ぎてしまうのもよくありませんし、髪を洗った後に自然乾燥をしているという方は、濡れたまま放置することでカビが増える可能性が増してしまい、それが頭皮のトラブルにつながっていく可能性がありますので、間違った対策については改善していくようにしないとせっかくの努力が無駄になってしまうばかりか頭皮トラブルの原因につながってしまうという勿体ないことになってしまいます。
フケが出てきたときには、頭皮の乾燥や汗や皮脂などによる汚れ、油分の多い食事や辛いものなど食事のバランスの悪さ、睡眠不足などといった生活習慣の乱れなどが原因として考えられますが、カビが増えることも原因のひとつとなることを覚えておくと正しい対策をすることができます。
そこに気付かず、不潔だからシャンプーの回数を増やす、などといった間違った対策を生活に取り入れてしまうと、皮脂がかえって増えてしまいますし、頭皮の乾燥などといった他のトラブルも招くことになり、頭皮の環境はどんどん悪くなってしまいますので、正しい知識を持って、正しい対策をすることを心掛けましょう。
皮脂が増えてしまうとカビが発生しやすくなりますが、食事で油分が多いものを食べ過ぎたりする以外にも、皮脂を取り過ぎてしまう洗浄力の強いシャンプーを使ったり、1日に何度も洗ったりすることも皮脂を増やす原因となりますので注意しましょう。
また、洗髪後にドライヤーを使わずに髪が濡れたまま放置することなどもカビを増やし、フケを増やす原因となりますので、洗髪後はタオルドライをしっかり行い、必要最低限のドライヤー使用で手早く乾かすことも大切であることを覚えておくとよいです。
頭皮を乱暴に洗うのもよくありませんので、指の腹を使って優しくもみ洗いするようにして、すすぎについても優しく、かつ、十分に行うことを心掛けましょう。
既にフケが異常に多くて抜け毛が気になるという場合には、ひこう性脱毛症である可能性があり、その場合にはセルフケアで治すのは難しいため、皮膚科を受診することが必要となりますし、頭皮が異常にかゆいときには皮膚炎を起こしている可能性もありますので、そちらの場合にも皮膚科で診察を受けて正しい治療をしたほうがトラブルを早く解決することができます。

フケの原因は間違ったケアによってカビが繁殖していることかもしれませんので、皮脂が多い方や洗髪後に濡れたまま放置している方はカビが増える原因を自分で作っている可能性がありますのですぐに改善し、カビが繁殖しやすい状況を作らない頭皮ケアに切り替えましょう。頭皮にあったマイルドな洗浄力のシャンプーを使って1日1回、正しい洗髪をし、洗髪後は濡れたまま放置せず、手早く乾かして清潔に保つようにしましょう。

食生活の乱れによる頭皮のかゆみについて

頭皮がかゆくなってフケが出てしまうことは、よくあると思いますが、かゆみの原因は、食生活の乱れであることが多く、頭皮の環境を整える為には、食事の時に栄養分をバランスよく摂取する必要があり、それにより、かゆみの原因を取り除くことができますし、頭皮の嫌な臭いを軽減できる場合があります。頭皮の環境を整える方法は、食事だけでなく、生活習慣や、シャンプーの方法なども関わってくるので、食生活の乱れだけがかゆみの原因のすべてという訳ではありませんが、大部分を占めていることは確かであり、頭皮の環境を整える為には、必要不可欠なことだと言えます。また、食生活の乱れは、ストレスによる場合もあり、ストレス自体も頭皮の環境を悪化させる要因になりますので、色々なことが密接に関わることによって、かゆみなどの症状を引き起こしていると言えますし、食事をバランスよく摂取することも大事ですが、生活習慣やストレスなども含めて、全体的に見直していく必要があります。

まず、食生活の乱れですが、栄養分をバランスよく摂取しなければなりませんし、特に皮膚を強くしてくれるビタミンCや、髪の毛に良いとされるワカメや海藻類などを積極的に摂取することが頭皮の環境を整える為には大事とされていますし、そのようにして、頭皮が健康的になれば、頭の嫌な臭いを軽減できると言われており、それにより、頭皮や髪の毛の悩みも解消されるので、ストレスが軽減され、頭皮の血流も良くなり、好循環となりますので、食生活の乱れを正常に戻すことは、頭皮にとって非常に良いと言われています。また、シャンプーの方法もかゆみの原因となっている場合があり、まず、頭を熱いお湯で流すことは、頭皮にダメージを与え、傷をつけることになりますし、シャンプーを原液のままつけることは、毛穴の中にシャンプーが入り込んでしまい、洗い流すことが困難になってしまったり、つめを立てて髪の毛を洗うことで、頭皮を傷つけてしまったりすることで、頭皮にいる雑菌が繁殖してしまい、頭がかゆくなることが良くあります。このような間違った洗い方では、頭皮の環境を整えることができないので、熱すぎるお湯で髪の毛を洗わないことや、シャンプーをしっかりと泡立ててから髪の毛につけることを徹底し、指の腹で優しく洗い、しっかりと3分ほどを目安にシャンプーが残らないように洗い流します。そうすることで、頭皮が傷つくことはなくなり、臭いを軽減できることは当然ですし、雑菌の繁殖が抑えられますので、かゆみの原因がなくなります。

このように、頭皮の環境を整える為には、食生活の乱れを直すことはもちろんですが、それ以外にもストレスによる頭皮の血行不良であったり、運動不足により血流が悪くなってしまっていたり、睡眠不足により、ホルモンバランスが乱れてしまっていたり、過度の飲酒や喫煙など、様々な理由から、頭皮はダメージを受けて、それがかゆみの原因となり、抜け毛や薄毛の原因にもなっています。なので、理由をひとつだけであると決めず、今までの間違ってしまっていた髪の毛に対する対策を見直して、髪の毛に良い方法を実践していくことでしか、頭皮を健康的にすることはできません。特に、せっかく髪の毛に気を使い、どうにかして髪や頭皮を健康的にしようと自分なりの対策をしていても、それが間違った方法であれば、意味がないだけでなく、逆に頭皮を痛めつけてしまっていることになります。なので、どうしても頭皮の状態が良くならず、栄養分をバランスよく摂取したとしても全然効果が出ない場合は、病院などに行き、専門家によるアドバイスを受けることは重要ですが、自分自身にできることもたくさんあるということを覚えておきましょう。

頭皮のかゆみは炎症を起こす前兆です

日本人男性の多くが頭皮や髪などに何かしらのトラブルを抱えていたり、悩んでいることも多いと言われており、また最近は、女性の中にも髪や頭皮についてお困りの事があるという人も増えているのです。それはどうしてかというと、その多くはシャンプーの仕方や頻度などに問題があると言われていますが。昔は朝シャンなどという言葉も流行し、多くの若者などは通勤する前に、朝起きてから髪を洗うという習慣があった人も多いのではないでしょうか。確かに夜の間に汗をかいたり、前日疲れていて頭を洗えなかったというような人には良いものかもしれませんが、シャンプーのし過ぎには注意が必要であり、必要以上に頭皮の脂分を取ってしまうことは、髪にもよく無いという考え方もあるために、抜け毛の原因などにも繋がってしまう可能性があるのです。そのためにも、正しい髪の洗い方を身につけるということは、健康的な髪や頭皮を守るためにも必要不可欠な事と言えるのですが、まず髪を洗う時には、髪を充分にぬるま湯で濡らしてあげることが最初のステップになります。その時に、指の腹でマッサージをするような感じで、頭皮をこする感じで洗ってあげることで、ホコリや脂なども半分以上は落とすことが出来るので、その後の泡立ちも良くなりますし、最近では、お湯だけで髪を洗うという「湯シャン」という方法を薦めている有名人などもいるほどで、特に男性で薄毛に悩んでいるような方には効果的だとも言われているほどです。さて、お湯でだいたいの汚れが落ちたら、シャンプーを一度手のひらにとって、両手でなじませてから頭に付けてあげて、少しお湯を頭に掛けながら泡がよく立つように心掛けていき、フワフワの泡が立ったら、それを頭皮全体に均一に馴染ませて頭を洗っていき、耳の後ろや額の上の生え際などといった、泡が残りやすい部分は特に注意をして洗い流しましょう。かゆみは炎症を起こす前兆と言われていますが、例えばヘアケア剤やワックスなどを十分に洗いながしてないという時にも、頭皮に炎症が起きてしまうことになるものであるので、ヘアケア用品などを髪に付ける時に必要以上に沢山付け過ぎてしまうような事を注意してあげることも大切ですし、髪の健康という点から考えても、ハードスプレーやジェルなどを過度に毎日のように髪に付けていたり、あまりにも頻繁にヘアカラーなどを使って髪を染めたり脱色をするということは、髪や頭皮にも多大な負担をかけていることになるために、長い目で見た場合にはハゲの原因となってしまうとも言われているほど、良く無いことなのです。髪という漢字を見るとわかるように「髪は長い友達」という言葉もありますが、ヘアスタイルは私たちにとってのアイデンティティであり、自分自身を表現するためのアイテムとも言える存在とさえ言うヘアメイクアーティストなどもいるほどです。だからこそ、年齢を重ねてからも、自信を持って自分のヘアスタイルを楽しめるというような事が出来れば、ファッションと合わせてコーディネートをすることも出来たりと、毎日の生活にもハリが出て充実した老後を送ることにも繋がるのです。また髪を若い時にしっかりとケアしなかったり、粗末に扱ったり不規則な生活を送ってばかりいる場合には、まだそれほど年を取る前に抜け毛などに悩みだして、早い段階でハゲてしまったりすることも珍しいことではなく、自分にも起きてしまうことにもなりかねません。そのような事になって、高価なカツラなどを購入しなければならなくなるようになると、何かと気になって楽しい毎日を送れないというような事につながってしまいますので、若い時からの注意が必要です。

頭皮のかゆみの原因は雑菌が起こす炎症

男の人であっても、女の人の場合でも頭皮に関しては、何等かのトラブルや悩みを持っている人が多いようですが、そのトラブルのひとつに、頭皮のかゆみというものが挙げられることでしょう。頭皮のかゆみは、髪を洗うことで、すんなりと解決されてしまうようなときには、特に気にする必要もないのかもしれませんが、毎日、念入りにシャンプーを使って髪を洗っているのにも関わらず、頭皮のかゆみがおさまらないというケースでは、頭皮湿疹などのように、頭皮が炎症を起こすような場合もみられるので、自分の頭皮のかゆみの原因が、どこにあるのかを、見極めていくことが重要だといえるでしょう。

頭皮のかゆみの理由で、よくみられるのが、皮脂や汗によって、かゆみが起こるというものですが、誰でも、暑い夏の日や、運動して、たくさん汗をかいたような時には、頭皮もべたべたしてきて、はやくお風呂に入りたいと思うことでしょう。しかし、頭皮のかゆみの原因は皮脂、汗、ストレスなどが影響していることが多く、皮脂や汗の場合には、お風呂に入ったり、シャワーを浴びて髪の毛を洗うことによって、解消されることが多いのですが、ストレスが原因となっているのであれば、たんに、髪の毛を洗っただけでは、解消されないこともあるので、注意が必要です。そのストレスが、精神的なものである場合には、体をリラックスさせるという意味では、入浴も、ぬるめの温度で、ゆったりと浸かるなどという工夫をすることで、精神的なストレス解消にも役立つことになり、結果的に、頭皮のかゆみにも影響が出てくるかもしれません。しかし、ストレスというものは、そのような、精神的、心理的なものの他にも、頭皮が直接、外部刺激を受けることにより、頭皮自体がストレスにさらされているという可能性もあるので、どのようなことが、頭皮にとってはストレスとなるのか、ということについて、知っておくことが大切といえるでしょう。

頭皮は、乾燥していると、炎症しやすい性質を持っていますので、普段は、髪の毛に覆われていて、お顔の肌と比べると、どのような状態になっているかは、確認するのが難しい場所ではありますが、頭皮も、顔の皮膚の一部であると考えて、顔のお手入れを念入りししているのであれば、頭皮についても、気を付ける必要があります。特に、敏感肌などで、顔の肌にトラブルが起きやすいような人の場合には、たとえば、化粧品の成分が自分の肌に合わないために、肌に炎症などが起こりやすいなら、頭皮にも、シャンプーやトリートメントの成分が原因で、なんらかのトラブルが起きている可能性も高いと考えるべきといえます。頭皮の乾燥は、シャンプーの時に熱いお湯で髪の毛や地肌を洗い流したりすることによっても起こりますし、ドライヤーの熱風のあてすぎによっても起こるものですが、地肌が乾燥しているからといって、顔の肌のお手入れをするように、地肌に油分の多いクリームなどを塗り込むようなことは避けるべきです。乾燥というものは、基本的には、水分の不足によって起こるものですから、水分を十分に蓄えることなく、油分の多いクリームなどを塗っては、逆に乾燥してしまうことにもなります。頭皮は、髪の毛がある場合には、髪の毛に守られて、外的刺激から守られているものです。ですから、シャンプーやトリートメントなどの成分に気を付け、すすぎ残しのないように、しっかりと髪の毛と地肌を洗い流し、しっかりとタオルドライをしてから、適温のドライヤーを適度な距離を保ちながら使うことによって、髪と地肌の状態は過度な乾燥から守られるものですので、適切なシャンプーの習慣を身に着けることが大切です。

誤ったシャンプー方法で頭皮に雑菌やかゆみなどのトラブルを招く

頭皮にかゆみがある場合、シャンプーを頻繁にしたくなる人も多いかもしれませんし、かゆいのだから、シャンプーをすれば、すっきりするに違いないと思ってしまう人もいるのかもしれませんが、そういった場合、シャンプーをすることで、改善されるかゆみである場合と、シャンプーをしても、改善されるどころか、逆に悪化してしまうようなケースも考えられるので、まずは、自分の頭皮のかゆみの原因が、どこにあるのか、実は、シャンプーの成分や、洗い方などに問題がある場合も多いので、よく確認してみることが重要といえるでしょう。

長年、気が付かないで行ってきた習慣が、頭皮のかゆみなどといったトラブルを招いている可能性もあるもので、頭皮のかゆみを引き起こす原因として、考えられるのが、まずは、シャンプーをする際に、熱いお湯で洗うということなのですが、特に、寒い冬の時期などには、温まるためにも、ついつい熱めのお湯で洗ってしまう人も少なくないことでしょう。しかし、例えば、食器を洗うときのことを思い浮かべてみると良いかもしれませんが、食器を洗う際、水で洗った場合と比較して、お湯で洗ったときには、食器の乾きがはやいと感じたことがある人も多いかもしれません。これは、高温のお湯で洗うことによって、水分が蒸発することによるものといえるのですが、人間の肌においても、同じようなことがいえますし、特に、肌の場合、蒸発する際に、肌にある水分までも一緒に蒸発させてしまうので、余計に乾燥してしまうのです。ですから、熱いお湯で洗うということを続けていると、頭皮は乾燥しやすくなり、かゆみなどのトラブルも起こすことにもなるので、お湯の温度には注意が必要です。また、シャンプーをする際に、頭皮で泡立てる人がいるかもしれませんが、それは、頭皮に直接、シャンプーの原液を塗ることにもなり、刺激が強すぎる場合が多いので、シャンプーは、頭皮で泡立てるのではなく、事前に、手の平や専用の泡立てポンプや、泡立てネットなどで十分に泡立ててから髪や地肌につけるのが好ましいといえます。

よごれは、泡よりも原液をつけたほうが落ちやすいと思っている人もいるかもしれませんが、細かい泡がよごれを落としてくれるものなので、泡立てはとても大切なのです。しかし、泡立ちが良いシャンプーのなかには、界面活性剤などの、地肌に刺激となる成分が含まれているものも多いので、なるべく地肌にやさしく、刺激の少ない成分で作られたシャンプーやトリートメントを使うことが良いでしょう。また、頭皮がかゆいからといって、爪を立ててごしごし洗うようなことは、避けるべきで、爪を立てて洗っているうちに、頭皮に傷がついてしまい、炎症を起こしたりすることにもなってしまいます。

シャンプーをする際に、トラブルを招く原因はさまざまですが、一番の基本を忘れてはならないでしょう。それは、シャンプーは良く洗い流すということで、シャンプーを流し切れていないために、地肌に残ったシャンプーやトリートメントが酸化を起こしたり、腐敗したりして、地肌の表面に雑菌を繁殖させるということにもつながってしまい、それが、頭皮のかゆみという症状になって現れてきている人も多いようです。また、整髪料の中には、なかなか落としにくいような成分が配合されているものも多いので、シャンプーでしっかり洗うことが大切なのですが、そのシャンプーをしっかりと洗い流すことを忘れないように心がけたいものです。誤ったシャンプー方法を長い間続けることによって、はじめのうちはトラブルを感じなかった場合でも、しだいにかゆみなどの症状となって現れてくることがあるので注意が必要です。

なお、頭皮の雑菌で脱毛の原因になるのがマラセチアチア菌です。これに有効な治療はケトコザゾールという薬が含まれているシャンプーを利用するのが一般的です。これは医薬品ですので、このような医師のいるAGA治療病院でしか処方を受けることが出来ません。また、頭髪関係の治療は健康保険適用外になりますので、値段もある程度高めになってしまいます。

頭皮の傷が雑菌の繁殖やかゆみを引き起こす

髪の毛や頭皮を清潔に保つためには、丁寧に洗う事が大切です。空中のゴミや埃が髪の毛につきますし、気づかない内に汗や皮脂が分泌されているため、毛穴が詰まりやすくなっています。毛穴の詰まりは髪の毛の成長を妨げるだけでなく、雑菌の繁殖も引き起こし、頭皮のトラブルを招く恐れもあります。また、見るからに汚れた髪の毛は、周りにも不快感を与えてしまうため、きちんと洗髪をするのは重要な事です。
ところが、誤った洗髪方法を続けていると、頭皮を傷つけたり、髪の毛に負担がかかったりして、逆効果になってしまう事があります。一体どのような影響があるのでしょうか。

髪の毛の間違った洗い方で特に多いのが、爪を立てて頭皮を洗う事です。頭皮についたフケや皮脂などの汚れをしっかり落としたいという理由で、指に力を込めながら爪でガリガリと洗っているという人がいますが、このような洗い方は頭皮に傷をつけてしまいます。
爪でついた傷口で雑菌が繁殖し、炎症が起きてしまい、かゆみや臭いといった頭皮のトラブルの原因となります。さらに、傷ついた部分を治すために、頭皮が細胞分裂を活発に行った結果、大量のフケが発生してしまうという事態が起こってしまいます。
髪の毛を洗う時は、爪は立てないで、指の腹で泡を毛穴や髪の毛に馴染ませるように優しく揉み込むようにしましょう。この時、頭皮をマッサージするようにすると、血行促進効果も期待する事ができます。
次に、シャンプーをすすぐ時に使用するお湯の温度にも注意が必要です。熱いシャワーを浴びると爽快感を感じるという人がいるかもしれませんが、あまりにも熱すぎるお湯は、皮脂を過剰に洗い流してしまって、頭皮のトラブルの原因となる事があります。
洗髪の目的は皮脂を洗い流す事ではありますが、実は、皮脂には皮膚を外部の刺激から守り、潤いに必要な水分の蒸発を妨げるという役割があるため、ある程度の量は身体に必要です。必要以上に皮脂が取り除かれてしまうと頭皮が乾燥してしまって、フケが増えたり、外部の刺激によって痒みを引き起こしたりする事があります。また、乾燥してしまった頭皮を保護しようと、過剰に皮脂を分泌させてしまう原因にもあります。
ただ、皮脂が溶け出すのは36.5度前後といわれているため、冷たい水で洗髪をしても十分に汚れを落とす事ができません。最低限の皮脂は残したまま余分な皮脂を洗い流すには、40度以下のお湯で洗うと良いでしょう。
最後に、シャワーのお湯の温度が最適でも、シャンプーなどの泡が十分にすすがれていない事があります。シャンプーの成分が頭皮に残ってしまうと、頭皮のかゆみや炎症、毛穴の詰まりなどを引き起こし、雑菌を繁殖させてしまう原因になります。
しっかりすすいでいるつもりでも、実は泡がまだ残っているという事もありますし、泡以外の成分がそのまま頭皮に付着している可能性もあるので、すすぎは特に念入りに行いましょう。上からだけでなく、様々な方向からシャワーを当てて、すすぎ残しが出ないように心がけましょう。頭から伝ってきた泡は下へ流れ落ちるので、頭をすすいだ後は耳の後ろや首筋、背中といった、泡が頭から伝ってくる場所も洗い流しておくようにしましょう。

このように、洗髪を間違えるとかゆみの原因になるだけでなく、様々な頭皮や髪の毛のトラブルを引き起こす原因となります。頭皮のためを思って丁寧に洗っているつもりが、逆に頭皮のトラブルの元になっている危険性もあります。正しい方法を実践すれば、髪の毛の成長を助け、健康的な頭皮に生まれ変わる事も可能です。一度、自分の洗い方を見直して、頭皮のトラブルの予防や改善していきましょう。

頭皮のかゆみの原因は雑菌です

頭皮のかゆみの原因は、主に雑菌が引き起こすと言われているので、ほとんどの場合、頭皮に雑菌が繁殖することでかゆくなっています。その理由としては、シャンプーの方法が間違っているためですが、正しいシャンプー方法を知らなければ、せっかく清潔にしようと思い、シャンプーをしたとしても、逆効果になってしまいますが、シャンプーをしなければ、毛穴に皮脂が溜まるので、それは雑菌にとって繁殖しやすい環境となりますので、どちらにしてもしっかりと洗髪しなければ雑菌は増え、頭皮のかゆみを引き起こしてしまいます。これらの悩みを解決するためには、正しいシャンプー方法を実践することと、雑菌が増える原因を知ることにありますので、それらの方法や原因について説明していきましょう。

シャンプーをする時、人それぞれやり方があると思いますが、人によっては、熱いお湯でなければならないとか、何度もシャンプーをつけて洗うなど、少なからずのこだわりは、誰にでもあると思いますが、しかし、それらのこだわりが正しいシャンプー方法から掛け離れてしまっている場合、頭皮のトラブルの原因となってしまいますので、まずは自分のやり方を忘れて、正しいシャンプー方法を理解しましょう。そして、その前に、頭皮のかゆみの原因を知らなければなりませんが、頭皮のかゆみの原因は、雑菌が引き起こすと言われていますが、なぜ雑菌が繁殖するのかと言うと、頭皮が傷つくことにより、その傷が雑菌を繁殖させるからなのですが、理由はいくつかあると言われており、そのほとんどが洗髪の仕方によるものですが、まず、熱めのお湯で髪を濡らすという人がいると思いますけれども、熱いお湯は軽度のやけどを引き起こしますので、頭皮は皮膚が弱く、40度ほどのお湯であれば、軽度のやけどとなってしまいます。これにより、傷ができて、傷が雑菌を繁殖させてしまい、また、シャンプーを直接頭皮につけてしまうと、原液が頭皮についてしまうため、洗い流せずに残ってしまいやすくなりますので、これも間違ったシャンプー方法ですし、つめを立てて髪を洗うことも、頭皮に傷がつく原因となります。つめは固いですが、頭皮の皮膚は柔らかいので、軽くつめを立てただけでも、傷がついてしまい、傷が雑菌を繁殖させてしまいますので、シャンプーの後にしっかりと洗い流すことも大切です。思った以上に、シャンプーは頭皮に残ってしまうので、3分を目安にしてしっかりと洗いながしましょう。

このように、頭皮のかゆみとなる原因は、たくさんあり、せっかく清潔にしようと思ってシャンプーをしても、シャンプー方法が間違っていれば、それによってまたかゆみを引き起こしてしまい、悪循環となってしまいますので、トラブルとなる原因を早急に理解して、現在の洗髪方法の間違いを訂正する必要があります。とにかく、かゆみの原因は、雑菌が引き起こすと言うことを理解し、原因はわからないけれども洗髪をやめてしまい、そのせいで皮脂が増え、雑菌が繁殖してしまうという間違いが起こらないようにしなければなりません。また、頭皮に傷がつくことで、傷が雑菌を繁殖させるという事実を理解し、洗髪方法としては、熱いお湯は軽度のやけどになるので適温にし、シャンプーを原液のまま頭皮につけてしまい、洗い流せずそのまま残ってしまうことを防ぎ、つめを立てて洗ってしまうことで頭皮を傷つけ、それにより傷が雑菌を繁殖させてしまうことに注意し、しっかりと3分ほどを目安として、洗い残しのないようにきちんと洗い流さなければなりません。このようなことを理解して、今までの間違った洗髪方法を改めて、正しい洗い方に直せば、頭皮のかゆみはなくなります。

頭皮のかゆみトラブルの原因は紫外線

頭皮のかゆみトラブルの原因は、紫外線によって頭皮が日焼けして乾燥してしまっているからかもしれません。抜け毛や薄毛の原因の多くは、紫外線による頭皮の日焼けだと言われているのをご存知でしょうか?
髪そのものに対しての紫外線の影響はそれほど強くはありませんが、頭皮が日焼けしてやけどしてしまうと、乾燥や赤みなどの頭皮トラブルの原因になる恐れがあります。

帽子を被るというと、男性はあまり馴染みがないかもしれませんし、汗で帽子の中が蒸れて臭いが気になるかもしれませんが、帽子で頭が蒸れたからといって薄毛になる危険性はないと言われていますし、日焼けは頭皮だけではなく皮膚全般にとって好ましくない状態なので、外を歩く時には男性でも出来るだけ日傘をさしたり帽子を被るような習慣を身につけておくようにしましょう。
ケアを怠ってしまって頭皮を日焼けさせてしまうと、やけどと同じ状態になり、頭皮の下にある毛母細胞がダメージを受けてしまい、炎症が起きて赤みが出たり、乾燥から身を守ろうとして過剰に脂が分泌され、脂が過剰分泌されると毛穴が詰まってしまい、そこからさらに炎症が起きてかゆみや抜け毛が増えてしまうという負のスパイラルを引き起こす危険性もあります。
この状態のままでは、どんなに高くて良い育毛剤をつけたり、効果的だとされている育毛治療を受けたとしても、荒れた畑に種をまいているようなものですから、芽が出て花が咲いたり実が出ることも期待できず、髪が健康的に育つことも期待出来ません。
また、一年を通して秋に一番抜け毛が増えるという人は、夏の紫外線対策を怠っていたことが原因で頭皮環境が悪くなっている可能性が高いです。紫外線は頭皮の柔軟性を低下させる・血の巡りを悪くさせる・髪を乾燥させて傷みやすくさせる・頭皮の皮脂が酸化されやすくさせるなどの影響があり、脂漏性皮膚炎やひこう性脱毛症になるリスクを高めると言われています。
紫外線を浴びてしまった頭皮は刺激にとても敏感になっているので、髪を洗う時には優しく洗って、しっかりすすいであげて、汚れを落とし、乾燥させてあげましょう。ドライヤーの熱風もダメージになりますが、使わないと髪が長い人は乾くのに時間がかかるので、頭皮にダメージを与えないようにタオルでしっかり水気を拭き取ってから、頭から20〜30cmほど離して、小刻みに動かしながらかけるようにするとダメージを抑えて乾かすことが出来ます。
紫外線の影響の他に夏に注意したいのが冷房で、冷房によって体が冷やされすぎてしまうと血管が収縮して血行が悪くなり、頭皮と頭髪に栄養が行きにくくなって抜け毛の原因になることもありますから、クーラーの真下で涼むなどの行為は避けましょう。

頭皮のかゆみトラブルの原因は、夏に強い紫外線にあたったことで頭皮が炎症を起こしたり、乾燥を起こすことだということが理解できたでしょうか?
秋に抜け毛が増える原因も、夏の過ごし方で紫外線対策をちゃんとやっていなかったり、冷房にあたりすぎて血液のめぐりが悪くなって頭皮と頭髪に栄養が届きにくくなってしまうことが関係しています。
もし紫外線にあたってしまったら、ダメージを受けている頭皮と頭髪をそれ以上傷めないように、シャンプーで優しく洗ってしっかりすすいで、素早く乾かすという頭皮ケアを行って頭皮と頭髪をいたわってあげることが必要です。
夏は紫外線に対して日傘や帽子で対策することが大切ですし、秋は夏に受けたダメージのケア、そして冬には寒くて乾きやすい時期になるので、今度は保湿と保温を意識することが必要になりますから、一年を通して対策するという意識を持って頭皮ケアに臨みましょう。