シャンプーが原因で引き起こされる頭皮のかゆみトラブル

私たちは毎日当たり前に頭を洗っていますが、そのシャンプーが実は私たちの頭皮にはとても大きな影響を及ぼしていることをあまり考えずに使っている人は多く、フケや頭のかゆみといった頭皮トラブルが実は毎日の洗髪よって引き起こされているということをあまり考えていない人も多いのではないでしょうか。多くの人が経験したことのある頭皮のかゆみやフケは軽度の場合は当たり前にあることとして軽く考えられやすいものですが、これらは立派な頭皮トラブルで、放っておくと将来的に抜け毛や薄毛につながりかねない重大なサインなのです。

では、なぜ洗髪によって頭皮トラブルが引き起こされるのかというと、大きく分けると「洗い残し」と「頭皮への刺激」が原因となり、洗い残しは文字通り頭皮に毛穴から分泌された脂や整髪剤が残ってしまっている状態であり、頭皮への刺激はシャンプーの洗浄成分が原因となっています。シャンプー選びをする際、あまり気にせずに購入している人が多いと思いますが、大きく分けると「高級アルコール系」、「石鹸系」、「アミノ酸系」と3つの形態があり、具体的には高級アルコール系は別に高価・高級という意味ではなく、硫酸系に代表される合成界面活性剤を主成分としたもので、ドラッグストアなどで市販されている商品の多くを占めるものを指し、特徴としては泡立ちが良く、洗い上がりも滑らかになるという点がみられるのですが、石鹸系はその名の通り石鹸を主成分としたもので、洗い上がりはスッキリと洗える反面、髪がきしみやすい、刺激が強いという面がみられ、もう一つのアミノ酸系は元々私たちの体内でも作られるアミノ酸を洗浄主成分にしているため、刺激が弱く肌に優しいタイプで洗浄力も高いのですが、原価が高くなるため値段も高めに設定される傾向があります。

私たちは何年、何十年と毎日洗髪をしているため、元々肌があまり強くない人が肌への刺激が強い高級アルコール系や石鹸系を長年使っていくうちに頭皮にダメージが蓄積し、炎症などの肌トラブルを起こしやすい状態へとつながることがあり、その兆候が頭皮のかゆみとなって現れます。頭皮のかゆみを感じたらやみくもにかきむしると余計に状態が悪化し、乾燥した頭皮が向けてフケとなったり、時には炎症部分の皮膚が破けて血が出て更に炎症が悪化するということをひきおこすリスクがあるため、できるだけ触らず、頭皮に刺激を与えず、毎日の洗髪でも低刺激のアミノ酸系洗浄成分を使うことがおすすめです。こういったスカルプシャンプーのまとめや比較のサイトを参考にシャンプーを選ぶのも良いでしょう。

洗浄成分の刺激による頭皮ダメージにより起こる頭皮のかゆみ以外に、洗浄不足で皮脂が頭皮に残ってしまったことによる頭皮のかゆみもありますが、こちらの原因にもアミノ酸系洗浄成分は有効といえます。
というのは、アミノ酸系洗浄成分は高級アルコール系や石鹸系に負けず劣らず強い洗浄力を持ち、その上で頭皮に優しい低刺激を実現しているので、特に頭皮のかゆみやフケ、吹き出物などの肌トラブルを抱えた人にとっては頭皮を守りながらも不必要な皮脂や汚れは除去してくれるので良い頭皮環境を作り上げてくれます。

また、アミノ酸系洗浄成分を使用している上、ノンシリコンの商品がさらにおすすめです。シリコンは髪通りを滑らかにしてくれて洗い上がりに髪がきしむことがなく、その使用勝手の良さから多くの商品に使われているのですが、髪を滑らかにコーティングする作用は頭皮をもコーティングしてしまうため、毛穴詰まりを起こしやすい状態にしてしまうメリットもあり、そのためノンシリコンのシリコン不使用の商品が頭皮に良い環境を作るとして近年注目されており、その観点からも頭皮のかゆみやフケといった頭皮トラブル回避にはノンシリコンがおすすめです。